Products
GPS (3333)
GPS (3339)
GPS (BEIDOU)
パワーデバイス
レーザーモジュール
レベル変換
取扱終了品


5月の臨時休業予定
なし

代引は土日祭のみ出荷
土日祭:正午締め切り


Manual/Data
GPS共通


MTK3333/MTK3339 マニュアル    2014/04/27更新 第4版

GPS共通
MTK3333 中国版GPS北斗について
NMEAフォーマット
GNSSリアルタイムモニタ (チェックサム計算あり)
GPSモジュール仕様(抜粋)
追跡22ch / -165dBm
捕捉66ch / -148dBm
コールドスタート36秒
ウォームスタート33秒
ホットスタート1秒
データ更新レート(MTK3333/MTK3339)1Hz〜10Hz
追跡時電流(MTK3333/MTK3339)40mA
捕捉時電流(MTK3333/MTK3339)20mA す)

コマンド一覧:コマンドはCR+LFで送出します
設定内容コマンドとチェックサム
ホットスタート$PMTK101*32
ウォームスタート$PMTK102*31
コールドスタート$PMTK103*30
4800bps$PMTK251,4800*14
9600bps$PMTK251,9600*17
19200bps$PMTK251,19200*22
39400bps$PMTK251,38400*27
57600bps$PMTK251,57600*2C
115200bps$PMTK251,115200*1F
データ更新レート 0.5Hz 4800bps以上 (MTK3339)$PMTK220,2000*1C
データ更新レート 1Hz 4800bps以上$PMTK220,1000*1F
データ更新レート 2Hz 9600bps以上$PMTK220,500*2B
データ更新レート 3Hz 19200bps以上$PMTK220,333*2D
データ更新レート 4Hz 19200bps以上$PMTK220,250*29
データ更新レート 5Hz 38400bps以上$PMTK220,200*2C
データ更新レート 10Hz 57600bps以上 (MTK3339)$PMTK220,100*2F
NEMA Output Setting (各値は0〜10)$PMTK314,GLL,RMC,VTG,GGA,GSA,GSV,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,ZDA,MCHN,チェックサム

データ更新レートはシリアルスピードによって上限があります。
シリアルスピードを変更してデータ更新レートを変更する場合
(1)ホスト側はデフォルトシリアルスピードでオープン
(2)GPSのシリアルスピードを変更するコマンドを送信
(3)ホスト側のシリアルスピードを変更
(4)データ更新レート変更コマンドを送信
という手順が電源投入後に毎回必要になります。
バックアップ電源が用意されていない場合は、設定は記憶されません。

省電力モード
 MTK3333/MTK3339 にはバッテリ運用時に有効ないくつかの省電力モードがあります。
 動作停止中の消費電力は1mA以下になりますが測位は停止します。
 精密な測定を必要としない用途に向いていると言えます。

・スタンバイモード
 コマンド $PMTK161,0*28 を送出すると、GPS はスタンバイモードに入り動作を停止します。
 スタンバイモードに入るとGPSからは $PMTK001,161,3*36 の応答があります。
 復帰するには任意のデータ(何でも良い)を送出します。
 復帰するとGPSからは $PMTK010,002*2D の応答があります。

・間欠モード
 コマンド(例) $PMTK225,2,3000,12000,18000,72000*15 を送出すると間欠モードになります。
 間欠モードに入るとGPSからは $PMTK001,225,3*35 の応答があります。
 (例)の場合の動作は、3Dモード中は 3秒間ON、12秒間OFFになります。
 3Dモード以外の場合は、18秒間ON、72秒間OFFになります。
 受信状態によっては指定通りのON/OFFが行えないことがあります。
 最小ON時間は2000ms、最大OFF時間は518400000ms(6日間)です。
 ONになっている間は、GPSからNMEAデータが送られてきます。
 復帰するには任意のデータ(何でも良い)もしくは $PMTK225,0*2B を送出します。
 復帰するとGPSからは $PMTK001,225,3*35の応答があります。

・AlwaysLocateモード
 コマンド $PMTK225,8*23 を送出すると、GPS はAlwaysLocateモードに入ります。
 AlwaysLocateモードに入るとGPSからは $PMTK001,225,3*35 の応答があります。
 このモードでは適切な間隔でGPSが間欠動作を行い、NMEAデータが送られてきます。
 復帰するには任意のデータ(何でも良い)もしくは $PMTK225,0*2B を送出します。
 復帰するとGPSからは $PMTK010,002*2D の応答があります。

注意事項等は GPS共通マニュアル を参照下さい。
データ形式は NMEAフォーマット を参照下さい。